登山道遊歩道
大峠古道 復元・整備計画書

当クラブの根幹!古道復活! 現在計画は頓挫して中断していますが諦めてはいません。4年前、クラブ発足当時の計画書です。 「大峠古道(仮称)」復元・整備計画 3カ年計画書   2018年2月1日          安曇野裏山 […]

続きを読む
マツ枯れ
倒木処理

青葉を付けたアカマツがいきなり倒れました。よく見ると根元の方では腐っていて脆くなっていたようです。かろうじて水を吸い上げる通りは残っていて上の方では青々と葉を繁らせていたようです。根元が腐った原因は何でしょう。皮が剥げ虫 […]

続きを読む
精油
アカマツ精油 Lot.No.230416

前回同様同じ材料でくん炭器を使用して蒸留、ただし今回はくん炭器にさらに3ミリほどの小さな穴を追加で開けて比較試験した。 このくん炭器(燻炭器)の魅力的なところは半円状の切れ込みが下に向いていることです。材料を上から投入し […]

続きを読む
精油
アカマツ精油 Lot.230415

アカマツの材料は230411と同じ今年の3月に伐採したやや乾いた枝葉を使用。230411と違うのは上の写真の器具を使ったこと。ホームセンターなどで売っているもみ殻を燃やす「くん炭器」をサイズを詰めて使っています。円錐形の […]

続きを読む
精油
アカマツ精油 Lot.230414

4月8日に伐採した安曇野穂高有明のアカマツから精油を採りました。胸高直径30センチのヒョロ松は葉を集めても26kgぐらいにしかなりませんでした。 下の写真は粉砕してタンクに詰めたところです。 材料の量が少なければ当然なが […]

続きを読む
精油
アカマツ精油 Lot.No.230411

アカマツの枝葉を蒸留して精油を取り出しています。 今年の3月に伐採した健全なアカマツです。 26本ものアカマツを伐採してその一部の枝葉から精油を抽出します。200Lのタンクで4〜5回分の蒸留が出来そうです。 材料は松葉と […]

続きを読む
マツ枯れ
樹幹注入

ある庭に大きなアカマツがあり、それはそれは大きなアカマツで胸高直径80センチ。真直に立ち上がり途中から二股に分かれて枝葉を広く巡らせている。しかし、青々と松葉を繁らす周りのアカマツに比べて少々色味が悪い。葉は所々茶色く変 […]

続きを読む
伐採
特別伐倒駆除

松くい虫の被害を最も有効に抑え込むことができるのは「伐倒駆除」です。正確にはマツノマダラカミキリの幼虫を殺すため伐倒した被害木を殺虫剤で燻蒸処理するのが「伐倒駆除」。被害木を破砕処理や焼却処理して幼虫を死滅させる方法が「 […]

続きを読む
伐採
ケヤキ昇天

長野県松本市沢村で欅の伐採をしました。松本は城下町、沢村はお城の北に位置する住宅街。今では所せましと家が建ち、きっとこの欅もいよいよ居場所がなくなったのでしょう。過去に何度も丈を詰められて、それでもゆうに100年は生きて […]

続きを読む
essay
安曇追分駅

大糸線の安曇追分駅です。昨年の「JR東日本青春18きっぷ」 春のポスターになりました。ポスターは縦なので上の写真には写っている有明山が切られてしまっていますが。(別のポスターこの駅どこなんだろう?には有明山が写っています […]

続きを読む
essay
カナシイタケ タクマシイタケ

ある別荘の庭での出来事。去年の寒波到来以来時間が止まってしまった「椎茸」です。傘が大きく開き過ぎてシイタケらしく見えませんが、胞子を放出したのか途中なのか、突然襲ってきた寒波に凍りついてニッチもサッチもいかなくなっていま […]

続きを読む